Josep

素敵なアニメーション映画を見た。

スペイン🇪🇸、フランス🇫🇷、ベルギー🇧🇪合作。1939年2月、スペイン共和派の人々が、フランコ独裁政権からフランスに逃れてきていた時代。フランス政府は収容所を建設して難民たちをそこに閉じ込め、劣悪な衛生環境のうえ、水や食料がほとんど手に入らない状況に追い込んだ。新米の憲兵セルジュは先輩の憲兵たちの目を盗み、フランコ政権に抗う絵の才のあるジュゼップに紙と鉛筆を与え、ふたりの間にはいつしか有刺鉄線を越えた友情が芽生える。ジュゼップにはスペイン脱出の際離ればなれになった婚約者、マリアがいたことをセルジュが知り、彼女を探すのを手伝うが…。

1910年にバルセロナで生まれ、95年にニューヨークで没した実在の画家ジュゼップ・バルトリの人生を描いた長編アニメーション。風刺画家オーレルの初監督作品。2020年・第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション作品。日本では「東京アニメアワードフェスティバル2021」コンペティション部門で長編グランプリを受賞(映画祭での上映タイトルは「ジョセップ」)。

JosepBartolii Guiu(1910-1995)は、スペインの画家、漫画家、作家。スペイン内戦、および難民となったフランスの抑留キャンプ時代のデッサンで名を馳せる。メキシコやアメリカをはじめ、旅をしながら舞台美術家やアーティストとして活躍する。1950年代にはアーティスト集団、10thストリートグループのメンバーとなり、1973年にマークロスコ賞を受賞。新聞のイラストレーターとして働いている間、バルトリ労働組合で活動。後にアラゴンでカタロニア共産党の部隊と戦った。1939年にフランスに渡り収容所に収監されるが、その後収容所を脱出してパリに行き、そこで衣装と風景のデザインに取り組む。ヴィシーの近くで逮捕され、ダッハウ強制収容所に移送されたが、再び脱出。カサブランカを経由してメキシコに向かい、1944年にメキシコでフリーダ・カーロと出会い、愛人となる。フランスの収容所生活のコレクションを発表。1946年、ニューヨークに移り、脚本家、芸術家、作家として活動。ホリデー誌とサタデーイブニングポストに寄稿。ハリウッドの舞台美術家としても活躍。1950年代にロビンソンクルーソーガリバー旅行記のフランス語版にイラストレーターとして貢献。

映画の中でのgloomyな戦場の景色 マリアへの執着 孫との素敵な交わり 憲兵との友情 フリーダ・カーロとの情愛 戦争の中の日常の切りとり、スペイン人収容民たちの最大限の娯楽、人のいやらしさと温かみ どれをとっても秀逸

最後のNYの個展シーンがオシャレで、より心に刺さった

ぜひ観てください