龍に纏わるお話 🐲🐉

菅子によると

龍は五色を身につけて遊び、小ならんとすれば蚕の如く、大ならんとすれば天地を入れる。また上らんとすれば、雲をも凌ぎ、沈まんとすれば、黄泉に伏す。

千変万化、らしい。なんて勇壮な。

ラブでーす。

文献は少ないけど共通していえるのは

角があって、鱗があって、髭があって、足の指が5本ということらしい。

ちなみに首里城の龍の爪は4本しかない。宗主国だった明王朝に憚り憚り、爪を1本減らしたのだと。なんて謙虚な。

博雅によると

鱗有るをこう龍といい、翼有るを応龍といい、角有るをきゅう龍といい、角無きをち龍という。こうは虫に交わる、きゅうは虫に斗、ちは虫に離れるの左側。漢字が変換できないゾ💦

これは、外見からの分類。

述異記によると

きゅう(虫に交わるやつ)千年にして龍となり、龍五百年にして化して角龍となり、千年にして化して応龍となる

年齢差による分類。

ふむふむ…。

人間はいつまでもキュウ並みだな笑

九龍半島の話。

昔々、北側に聳える八つの峰に、それぞれ一匹の龍が棲みついていた。そこへ中国から龍王と名乗る龍がやって来て、九龍の名ができた

らしい。和解できるといいのにね。

参考

中国歴史散歩  伴野朗

できるものなら遭ってみたい‼︎

龍と神話の霊獣、麒麟 quilin 💕